白い歯(セラミックを使った歯)   吉田歯科 東村山市萩山町
*セラミックを使った治療
   歯の表面を薄く削ってセラミックスを貼り付ける方法、セラミックのみで歯全体を被せる方法、
   最近ではハイブリッドセラミックスという材料で部分的に修復する方法もでてきました。
   セラミックスを使うと歯ととてもよく似た色、透明感が出せ、長期間経っても変色することがなく、
   硬くて磨耗することもありません。しかし、単独で使うと脆いという欠点があるため、セラッミク 
   スを金属に焼き付けることによって強度を増します。
   これが陶材焼付け金属冠=メタルボンドポーセレンクラウンです。
   保険外治療になりますが、前歯だけでなく奥歯にも適します。
   この他、かみ合わせの状態や金属アレルギーの有無、審美性などを考慮して、金属を用いない
   オールセラミックスという白い歯も取り扱っております。

いくら最新の材料を用いても、適合が甘かったり、噛みあわせの力を考慮していなかったりすれば
長期間使用していただくことはできません。
当院では大学病院並みの治療レベルを維持するよう日頃から研鑽を怠りません。

当院での、メタルボンドポーセレンクラウンの一般的な治療の流れをご紹介します。
歯の根の治療が終わった歯に対して

金属の土台を入れるための型取り
           
金属の土台をSET
仮歯を被せる
  
歯の形成
最終的な型取りをするための
個歯トレーを作る
  ↓
メタルボンドポーセレンクラウンの型取り
色合わせ



  ↓
メタルボンドポーセレンクラウンの仮SET

  
メタルボンドポーセレンクラウンのSET
粘りのある金属を使います







個歯トレーは1つ1つの歯に合わせた
手作りです  @

いろいろな型取りの材料がありますが
一番精度の良い変形の少ない印象材を用います
色あわせには写真のようにさまざまなサンプルの色から合うものを選び
部分的な微調整もします A


しばらく使っていただいて違和感がないかどうか確かめます。
色が合わないときはもちろん作り直します B

満足していただけたら取れないようにSETです

@

A

                  HOME

B

Copyright (C) Yoshida Dental Clinic.All Rights Reserved.