コーヌステレスコープデンチャー
コーヌステレスコープデンチャーとは、部分入れ歯の中のひとつです。
部分入れ歯は、残った歯に支えを求め、取り外しできるようになっています。
その支えに使われる歯に取り付けられる維持装置を内冠と呼び、入れ歯の方には
外冠という構造体を付け、二重の冠の摩擦で入れ歯が保たれます。
よく見かける金具のようなものはなく、支えとなる歯を強固に連結し、入れ歯が動き
ません。つまりよく噛める入れ歯になります。
また、取り外したとき、歯が孤立するので、清掃がしやすいこと、残っている歯が
だめになっても、修理がしやすいことなどの利点もあります。
精密機械を用いて製作し、現在ある最高の技術を使った、最良の入れ歯です。
口元の写真 内冠の写真 入れ歯の写真
入れ歯を入れた感じはとても自然です。
はずした状態で見える金属の部分が内冠です。
入れ歯を入れた口の中の状態です。
普段ご自宅ではコーヌステレスコープデンチャーをはずさずに、固定式のブリッジと同じように使っていただき、
当院に来院されたときだけ、私共がはずして、お口全体のクリーニング、メインテナンスをするタイプのものもあります。
この方は上は歯の根の状態が心配な部位があり、将来的なことを考え、見た目もきれいで、簡単な修理でこのままずっと使用していただけるコーヌステレスコープの入れ歯にしました。下は従来の入れ歯では金具が前歯にかかってしまうため、審美的、機能的にもまた残存歯にかかる負担を軽減する意味でも満足のいく入れ歯になりました。
当院では、宮内庁御用達の技工士さんに製作してもらっております。