磁石を使った入れ歯(磁性アタッチメント)
今までの入れ歯では、残っている歯に金具をかけて外れないようにしていました。
そのため、歯に側方力が働き、また、汚れやすくなってむし歯や歯周病になりやすいこと、
前歯では金属が見えてしまうことなどの欠点がありました。
残っている歯の根に磁性金属、入れ歯の中に超小型磁石を取り付け、磁力によって
がたつかない、外れにくい入れ歯をつくることができます。
また、残っている歯にかける金具をこの磁性アタッチメントに変えることによって
歯に大きな負担をかけることなく
審美的にも満足の得られる入れ歯となります。