ホワイトニング
歯の着色は、先天性のもの、薬物、損傷によるもの、
食生活や加齢の影響など様々な原因で起こります。
ホワイトニングは歯科医院で行う高濃度のジェルを使用するオフィスホワイトニングと、自宅で行う低濃度ジェルによるホームホワイトニングがあります。
当院ではホワイトニング効果が持続しやすいホームホワイトニングをお奨めします。
濃度の薄いジェル
(ホワイトニング剤)を長時間歯面にあててゆっくりやさしく、持続的に歯を白くします。ジェルの成分(過酸化尿素)はもともと口腔内の消毒に使われていたものですから、安全で歯の構造を変えずに歯が白くなります。
歯を全く削ることなく色調のみを改善する方法です
欧米では10年に及ぶ使用実績があり安全性は問題ないとされています。

まず、ホワイトニングに適したお口の状態かどうか診査をします。
むし歯の治療や歯石除去が必要な場合もあります。
そして歯型を取り、トレーを作成します。
トレーにジェル材を流し込み、口に入れます。
通常は就寝時にトレーを装着していただきますが、日中でも可能です。
トレーもジェルも透明なため、装着しても目立たず、また、装着しているのをうっかり忘れてしまわれることもあるほど違和感がありません。

当院で使用しているジェル材は初めから知覚過敏抑制剤が添加してありますので、安心して使用できます。水分が20%含まれているため、透明度が高く美しい白さになります。
また、日本人の歯質に合った濃度のジェル材を選んでおります。


1クール終了まで、定期的に来院していただいて、トレーのチェック(適合が悪くなったところはないかなどを調べます)、PMTCを行い、安全で確実なホワイトニングが出来るよう、責任をもって指導いたします。

ホワイトニングをされている患者さまが、うれしそうに来院され、「こんなにきれいになった」と満面の笑顔でおっしゃた時には、私共までうれしくなってしまいました。

男女、年齢を問わず、美しい白い歯は口元を明るくし、
清潔感を与え周囲の人の好感度も上がります。

当院での症例  20歳女性
ホワイトニング前
上のみホワイトニング
1週間後
上下ホワイトニング
1ヶ月後


    



  

東村山だよりの記事へ
その1


その2